「歯にやさしい最高の名医100人」インプラント部門から選ばれた20人のうちの1人 堤隆一郎
インプラントレポート
インプラント専門医『堤の一言』 - 光機能化インプラント

私どもひかり歯科で行っているインプラントは『ブローネマルクシステム』と申します。
これこそが今現在世界で最も歴史と実績のあるシステムです。
世界で最も長く使っている方が年、日本人に応用されてからは年。
ずっと変わらず安定しているという、大変優れたものです。

当院ではまだ手掛けて年ですが、その当時された方も今でもバリバリ噛んでいただいております。
このインプラントは高純度なチタンを使用しており、価格は高いのですが私はプロとしてそれ以外の材質のものを使う気はありません。

長くインプラントを手掛けてきて患者様には最も良いものしか使いたくないからです。

また最近ではこのチタンのインプラントの表面に特殊な紫外線をあてて、更に骨との「ひっつき」を良くする方法≪光機能化インプラント≫がカリフォルニア大学の日本人研究グループにより発表されました。
この方法によるメリットは、今まで骨の弱い方は骨移植をしないと出来ませんでしたが、骨の移植をせずに出来るようになる可能性が高くなったのです。
より患者様にとって楽に治療できるようになっております。

ひかり歯科ではこの≪光機能化インプラント≫を厚生省に許可されると同時に、日本で一番に導入いたしました。

医学の進歩は早いものです。
患者様にとってメリットのある治療法には、これからも世界中にアンテナをはり、耳を象の耳のように大きくして取り入れて行きたいものです。

インプラント専門医 堤 隆一郎

▲ページトップ
最先端のインプラント治療
インプラントは最近の高度最先端医療であるだけに、きちんとした、しかも長い実績を特った歯科医院を選ぱなくてはなりません。

当医院では、歯にやさしい最高の名医100人に選ばれた(※)インプラント専門医「堤隆一郎」がインプラントのご相談から治療までさせていただきます。
※月刊現代2008年2月号より

わずか一日で噛めるインプラント「即時過重・早期荷重」

丸印がインプラント治療した歯
インプラント治療の欠点として、手術後、骨の細胞がインプラントにくっ付いてくるのを待つ時間が、3〜6ヶ月あると言うのが、インプラントの昔からの欠点のひとつでありました。
それを克服する方法として、近年アメリカやスウェーデンなどで研究開発されてきたのが、この即時荷重・早期荷重というインプラント治療法の中でもさらに進んだ治療法です。
手術後早い場合で、当日にインプラントが支えるガッチリとした仮歯が入り、しっかりと食べられるようになります。
ひかり歯科医院では、骨がなくて治療が難しい難症例や手術当日に噛めるインプラントにも対応し、皆様のお口の中の問題を解決します。
「骨がないからインプラント治療は無理」と、治療を断念された患者様へ
インプラント治療を行うためには、そこにインプラントを植立できるだけの骨の量が
あるかどうかが問題になってきます。歯槽膿漏等で歯を失った場合、時間が経つにつれ骨が細くなってしまい、インプラント治療を行なうことが難しいという歯科医院もあります。
しかし、当医院では、「骨移植や骨の再生療法」を行なうことによりそれを可能にします
重度の心筋梗塞などの方を除き、患者さまの「インプラント治療でぜひ歯を取り戻したい」という強いご希望があれば、 インプラント治療の出来ない方は、現代医学ではまずありません。

手術完了後

1本の歯もない上顎にインプラント(人工歯根)が埋められたところ。

▲ページトップ
インプラントにはいろいろな種類があります

皆さんに知っていただきたいのは、一口にインプラント治療といってもいろんな種類のインプラントがあることなのです。
今から約年前にスウェーデンのブローネマルクという医師が開発したブローネマルクシステムから、安全性に疑問の残るインプラントまでいろんな種類のインプラントが、日本にはあります。
問題は、患者さんは専門家ではありませんので、その違いがわからないということなのです。

ではどんなインプラントが安心かというと、
世界で最も多い論文によって証明され、世界中で既に100万人近い患者さん(2001年現在)が治療を受けたブローネマルクシステムが、やっぱり一番だと考えます。
このブローネマルクシステムは世界の数多くの優秀な歯科医が採用しており、そして一番歴史もあり、アメリカやヨーロッパの学会に行っても誰もが認める最高のインプラントシステムなのです。

▲ページトップ
インプラント歯科医院を選ぶコツ
インプラント治療にどの病院を選択するかというのはとても難しいですよね。
ではどこに注意して病院を選ぶのか。
1つ目の大切なポイントは、インプラントを手術室で行っているかどうかということです。
インプラントを安全に行うためには、やはり手術室はあったほうがいいと思います。
ひかり歯科医院では、インプラントは手術室で行っています。
2つ目は、これはどういう手術においても言えることだと思いますが、
やはり最終的には医師の技術によって上手くいくかいかないかが大きく左右されます。
手術を受けるようになったら少しでも腕のいい先生を探したいものです。
そのためには、まずは直接先生に相談されて、納得がいくまでお話を聞かれるといいでしょう。
宣伝をしていたり、有名だからというだけで本当に腕がいいかどうかは分からない面もあると思います。
ただ、病院に相談だけに行くというのは行きにくいと思いますが、しかしご自分の大切な体のことです。
そこは勇気を出して本当に自分が納得、安心できる病院を探すべきだと思います。
きっとどの先生も快く相談に応じてくれると思いますよ。
【無料】メール相談【無料】カウンセリング予約
無料セミナー「歯を一日で取り戻すセミナー」
インプラント 体験者インタビュー
インプラント無料カウンセリング
インプラント無料メール相談
診療時間
月 火 水 木 金 土
午前
午後 -
  • 月・火・水・金
    [午前:10:00〜13:00]
    [午後:15:00〜18:00]
  • 木曜
    [午前:9:30〜13:00]
    ※午後休診
  • 土曜
    [午前:9:00〜12:00]
    [午後:14:00〜16:30]
  • ※日曜・祭日休診
久留米 インプラントセンター ひかり歯科医院
〒830-0033
福岡県久留米市天神町57-1
0942-33-20060942-33-2006
E-MAIL:dental@hikarishika.info